•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リラ・クラニオ 失敗・成功

リラ・クラニオでの失敗談・成功談の両方が知りたいです。口元が前に出ているのが気になり上下顎骨切り術を菅原康志医師に受けたいと考えています。受け口を治す手術は分節骨切りやセットバッグやssroなど種類が多すぎて違いがよくわかりません。また、かみ合わせにも関わるため万一の失敗を考えるとリスクも高く、危険やデメリットがあるならあらかじめ知っておきたいと思います

以上は、管理人のブログに寄せられたリラ・クラニオ 失敗・成功に関する読者からの相談メールの一例です。(※許可を得て掲載)

成功・失敗・修正を含む計8回の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その中にはリラ・クラニオ 失敗・成功に関する相談も多くあります。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<ゆあさん>
ガミースマイルと出っ歯が長年の悩みでした。歯列矯正を長い間やったにもかかわらず笑ったときに歯茎がたくさん露出してしまうのは変わらず・・。インスタでなにげなく整形した人の写真をググっていてリラクラニオフェイシャルクリニックの症例に出会いました。顎の手術は成功すれば激変できるけれど、失敗すれば一生が台無しということは2chなどの口コミでなんとなく知っていましたが、リラクラニオの菅原康志医師は輪郭の名医と評判だし、どうしてもルフォー I+矢状分割(SSRO)の症例写真がいい感じだったのが気になりカウンセリングへ行きました。私のガミースマイルはルフォー1で治せること、口内から骨切りできるので顔に傷が残らないことはうれしまったのですが、値段は安いわけでなく(約150万)まだ躊躇しています。ローンも組めるのですが、万が一でも失敗するようなことがあれば借金だけ背負ってあとの苦労は水の泡だしどうするべきか決めかねています

<かりんさん>
○○クリニックで顎骨削りを行う予定で予約までしていました。しかし、カウンセリングで医者から言われた「ミリ単位でどうこうしてほしいというのは希望通りにならない可能性もあります」という言葉と2ch(5ch)などの「オトガイ孔から生えている神経を傷つけると一生感覚麻痺におちいる」とか、「切り開いてみないと医者でもどの程度骨が切れるのかは分からない」といった口コミに不安を感じ、その医師に任せていいものか確信が持てなくなって結局やめてしまいました。でもどうしても口元の前突を治すことをあきらめることができず、下顎分節骨切り術・上顎分節骨切り術を同時に行うセットバックを検討しています。リラ・クラニオには失敗・成功いずれの評判もありますが、口元が引っ込んで人中を少し短くできればいいなと思っています

<マメさん>
当初、バッカルファット切除だけで顔の余白を取り除くことを考えていましたが、リラクラニオフェイシャルクリニックにカウンセリングに行ってえら形成術や頬骨形成術を行わないと私の場合なりたい小顔にはなれないということが分かりました。たしかに輪郭の整形した人のブログやインスタの写真をみると、バッカルファット切除だけした人よりエラ削り・頬骨切りもした人の方が何ヶ月か経過した時の小顔度が違う。リラクラニオには 失敗・成功両方の症例があるという口コミもあるけれど、菅原康志院長は自治医科大学形成外科や杏林大学でも教えている教授らしいし、ネット上で美容外科医は悪口いっぱいいわれている中ではまだ評判がいい方ではないかと思います。リラクラニオでえら形成術・頬骨形成術を受けた方いましたら、成功だったか失敗だったか、また現在までの経過や感想などを聞かせていただければうれしいです

<ピエロさん>
おとがい骨切りVラインとおとがい下脂肪吸引を検討している者です。下顎の骨が大きくて四角く、しかも脂肪もついているためあごからエラにかけての骨を切ってVラインを作って脂肪も吸引したいです。リラ・クラニオで整形すれば失敗することなく成功できるとおもったのは、リラ・クラニオの宇田宏一医師が自治医科大学で顎変形症の治療をしているという口コミを読んだからです自治医大みたいなちゃんとしたところでメスを握っている先生であれば大丈夫なのではないかと思いました。そこで疑問なんですが、自治医科大学で手術をうければ保険が適応されて料金は安くなるんですか?それならわざわざリラ・クラニオで高い費用でやらなくとも安く大学病院ですませたいです。失敗のリスクはどちらが低いというのはあるんでしょうか?なんとなく大学病院のほうが安心できそうな気がするんですが・・。評判では顎変形症などの病名がつかないと保険は下りないともいいますね

<名無しさん>
リラクラニオフェイシャルクリニックで隆鼻術と鼻骨幅寄せ術をうけようとおもっています。隆鼻は耳介軟骨移植か、鼻中隔軟骨移植か、肋軟骨かで迷っています。いずれも自家軟骨ではありますがそれぞれにメリット・デメリットがあります。2ちゃんねる(5ちゃんねる)では肋軟骨は胸の下に大きな傷が残るから鼻中隔軟骨移植がいいという評判もありましたが、肋軟骨が一番大きく骨を切り取れるため、骨の加工が理想的な形にしやすいという口コミもあります。菅原康志先生のモニターになれればいいな、とおもっていますが、リラクラニオでの鼻の失敗・成功症例についておしえてほしいです。輪郭と鼻の専門クリニックなので失敗などはないとは思いますが、念のため確認しておきたいです

<ゆん太さん>
鷲鼻のハンプ削りと鼻尖形成術(鼻中隔軟骨)をリラ・クラニオでやりました。私は一度他院で鼻尖形成に失敗しているので今回は修正手術も含んでいました。ハンプ削りは痛いという体験談もあり心配していましたが、麻酔のおかげて痛みはあまり感じませんでした。リラ・クラニオは鼻の名医で有名な菅原康志医師もいるし失敗は心配していませんでしたが、予想以上の成功で鏡を見る度ににやついてしまします。鼻美人は顔美人といいますが、正面顔にも横顔のEラインにも直接関係する鼻の形。大切ですよね

△以上「リラ・クラニオ 失敗・成功」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容もあるが、極力原文に近い状態で掲載)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

リラ・クラニオフェイシャルクリニックは 東京都中央区銀座にある美容形成外科で、口元・輪郭・鼻を専門としています。形成外科専門医であり頭蓋顎顔面外科専門医の菅原康志ドクターと宇田宏一ドクターの二人が治療にあたっています。

リラ・クラニオフェイシャルクリニックで行われている施術には下記などがあります。
<口元・輪郭>
下顎骨切り術、上顎骨切り術、ルフォー I 型骨切り術、上下顎分節骨切り術、下顎角形成術、ほほ骨骨切り移動術、おとがい骨切り前進術、おとがい骨切り中抜き、額形成術など

<鼻整形>
隆鼻術(インプラント・軟骨移植)、ハンプ骨切り、斜鼻骨切り、鼻尖形成術、鼻翼切除術、鼻翼複合移植術、鼻翼基部(インプラント・肋軟骨)など

これは決してリラ・クラニオフェイシャルクリニックに限ったことではありませんが、一般的に、口元・輪郭の整形手術に多い失敗症例としては
・あまり変化がなかった
・思っていた仕上がりと違う失敗
・骨を切った部分・削った部分に段差が出来てしまった
・左右差が生じた失敗
・皮膚にひきつれやデコボコができてしまった
・かみ合わせに異常が生じた失敗
・知覚麻痺や痺れの後遺症が消えない
・(ごく希な失敗例として)あごが壊死した、骨折した
・手術中にやけどした失敗
・感染症や合併症がおきた
などがあります。

一方、鼻整形に多い失敗症例は
・理想の鼻にならなかった失敗
・仕上がりが不自然
・鼻がつまってしまい鼻呼吸がしづらくなった失敗
・傷跡が目立つ
・プロテーゼや移植した軟骨がずれた・動く失敗
・鼻筋が斜め、まっすぐではない
・鼻の穴や鼻翼に左右差がある失敗
・変化が感じられない
などがあります。

以上、今日のテーマは「リラ・クラニオ 失敗・成功」でした

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •