•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.菅原康志 ブログ

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志院長のブログにはあまり症例写真が載っていませんが、リラ・クラニオの公式サイトの症例画像は菅原先生執刀のものですか?普通ドクターズブログはモニターの患者の写真がたくさんのっているものだと思うのですが、なぜ菅原康志先生は症例の画像を載せないのでしょうか?輪郭の骨切りをリラ・クラニオで検討しているのでもっとみたいのですが・・

以上は、管理人のブログに寄せられたDr.菅原康志のブログに関する読者からの相談メールの一例です。(※許可を得て掲載)

成功・失敗・修正を含む計8回の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その中にはDr.菅原康志のブログに関する相談も多くあります。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<ロボさん>
一度××美容外科で上下顎骨切りをしたのですが、信じられないことに全然変わらなかったので再手術を考えています。医師に術後レントゲンをみせられてプレート固定はしっかりついていたし骨切りした線は白く写っていたので骨切りがおこなわれたのはたしかなんですけど、実感としてかわっていない。骨の位置が移動したって外見がかわらなければなんのための美容整形なんでしょうか?リラ・クラニオのDr.菅原康志に手術を受けた人のブログでかなり自然にしかし確実に顎がかわっていたので、再手術はリラ・クラニオフェイシャル・クリニックでやりたいと思っています。上・下顎骨切り術( ルフォー I、矢状分割 ) で料金は150万。クリニックによってはルフォーだけ、ssroだけで150万いくところもあるのに、リラ・クラニオの費用はかなり安いほうですよ。菅原康志医師は自治医大でも治療されている医師で口コミもいいし、この値段だと失敗にないかなって心配になっちゃいますけど評判はどんな感じか教えてもらってもいいですか?

<ブス男さん>
リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志医師らなど美容外科の医師がブログを書くのってやはり患者に親しみを与えるためでしょうか?湘南の先生とか菅原先生もそうですけど、美容整形に関連しないことをけっこう書かれているので・・。自分は顔がすごく大きいのがずっとなやみでした。数年前に顎削りをうけて下顎は短くしたのですが、顎の長さがへったらなんだかエラと頬骨が目立つようになり顔が四角くなってしまいました。顔のバランスからいったら整形前の方がよかったです。でもせっかく顔が短くなったのだからえら形成術とほほ骨骨切り移動術を加えてさらに面長を治し小顔にさせたいです。リラ・クラニオでオペすると下顎角形成術が60万。頬骨形成術が80万です。他院と比較してかなり安いとはいえ140万は高額。実際はこれに麻酔代やら入院費、検査費用がかかると思うと160万はかくごしないと。2ch(5ch)では目隠しモニターで割引で受けた人いますが、リラ・クラニオの菅原康志医師のブログには症例写真ないし、HPにのってる女性ってどうやってモニターになったんでしょう?12月~2月中に手術を予定しています。リラ・クラニオの菅原康志先生に失敗の口コミ・評判がないかも含めアドバイスください

<名無しさん>
Vラインおとがい骨切術と耳介軟骨移植の隆鼻術をやりたくて口コミや体験談や各美容外科のドクターのブログやインスタをのぞいて情報を収集しています。インスタとかの写真でいったら城本クリニックとか高須が気になる画像が多いのですが、自治医科大学の教授でリラ・クラニオの院長の菅原康志医師のブログがきになってます。ブログに写真はすくないけど、リラ・クラニオと大学病院の症例をあわせたら相当数の顎と鼻のオペをこなしている計算になります。菅原康志院長が第一候補ですが、自由が丘クリニックの中北先生。表参道スキンクリニックの中西先生など気になる医師の口コミと評判、症例など伺いたいです

<rinさん>
韓国でエラ削りを検討していましたが、顎からエラにかけてかなり細くデザインされてしまうので私の美的感覚には合わないように感じています。上下顎分節骨切り術はセットバックや両顎手術という名前でも呼ばれていますが、ようするに顎の位置を移動させる手術のことです。リラ・クラニオは菅原康志医師がブログを書いていて自治医大の教授ではありますが、ふつうのおじさん(すみません!)的な朗らかな性格がうかがえて親しみを持っていつも拝見しています。宇田宏一医師も自治医大形成外科でメスをにぎっているドクターらしいのですが、鼻骨幅寄せ術と鼻翼切除術もエラ削りに加えてやりたいので失敗しない名医を教えてください。宇田先生のブログやインスタがあればみてみたいですが、リラ・クラニオはあまりSNSに積極的ではないですね。あと、全身麻酔は静脈麻酔よりも5万~10万も高いですが、輪郭の場合は全身麻酔にすべきですよね?クリニックによっては静脈麻酔や局所麻酔でやってしまうところもあるみたいですけど・・。2ちゃんねるなどの口コミでは輪郭で局所麻酔は怖すぎるからやめとけって評判あります。痛みはないけど自分の骨削る感覚や音が聞こえるらしい・・

<ともさん>
リラ・クラニオフェイシャル・クリニックでハンプ骨切りと鼻尖形成術、額形成術をしました。2ちゃんねる(5ちゃんねる)で菅原康志先生は杏林大学の講師もやっていて輪郭では日本で一番上手いという評判があったので。鼻も上手いという口コミのありドキドキにながら初めての美容整形にいってきました!術後間もなくてダウンタイム中なのでまだ完成形はわかりませんが、腫れが引くのがたのしみです。シルエットだけみてもだいぶ変わった感じがわかります。おでこの横顔ラインがすでにきれいです!リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志医師のブログみてもモニター募集はないんだろな~とわかったのでローンくんでのオペでした。支払いがんばります!

<じゅんさん>
鼻翼複合移植術をやったんですが、腫れを覚悟してダウンタイム7日もとったら少し浮腫んでるかなというくらいでした。自分としては鼻先の長さをもっとだしたいのですが、リラ・クラニオでは鼻中隔延長術はやってないんですか?また、それに相当する手術はなんでしょうか?鼻中隔延長って他の美容外科ではけっこうメーンの手術なのでリラ・クラニオでもやっていればぜひ菅原康志医師に受けたいのですが。ブログで鼻中隔延長やった人の写真検索するとヴェリテが圧倒的に多いようです。福田先生の体験談は失敗とも名医ともかかれているので(2ちゃんねる情報ですが)どう判断したらよいのか悩みます

△以上「Dr.菅原康志 ブログ」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容もあるが、極力原文に近い状態で掲載)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志医師が書いているブログは「いい表情が顔のすべてだ」というブログです。冒頭にもあった通り、リラ・クラニオの菅原康志医師の症例写真がもっとみたい!なぜブログやサイトにビフォー・アフター写真を掲載しないんだ?という質問メールもけっこう寄せられてきます。先日のニュースで知った方も多いのではないかと思いますが、”美容整形の術前・術後でこんなに劇的に変わりました!”というように宣伝するビフォーアフター写真の掲載が禁止されることが決まりました。前々から消費者センターに「美容外科のサイトやブログで見た症例写真と仕上がりが違う」という苦情や相談は相当数寄せられており、厚生労働省でも規制に向けた動きはあったものの、掲載禁止にまでは踏み切れない状態が続いていました。しかし、2017年10月25日、ついに厚生労働省が開いた検討会で、原則ビフォー・アフター写真の掲載を禁止する方針が決定されました。これにより美容外科を中心とする医療機関のブログやサイトではモニターなどの術前・術後の写真の掲載ができなくなります。2018年6月からの禁止を目指すとのことなので、今後各美容外科がどういう動きに出るのか、管理人としては見所だとかんじています。リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの公式サイトや菅原康志医師のブログに症例写真が少なかったのはむしろ良い方に考えていいと思います。管理人の把握している限り優良院ほどモニターのビフォー・アフター写真掲載は控えているものです。華々しく術前・術後画像などのせて集客してきたクリニックが今後どういう路線で集客にでるか、見物だとおもっています( ̄▽ ̄) ニヤリ・・

以上、今日のテーマは「Dr.菅原康志 ブログ」でした

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •