•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けた結果

リラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けるか、セットバック手術にするか、あるいは下顎矢状分割(SSRO)しするべきか迷っています。下顎分節骨切り術は左右の第1小臼歯を抜歯し、前歯6本を後退させる方法であるのに対してSSROは抜歯せずに下顎の根元の骨を切って後退させる手術だそうです。下顎分節骨切り術の方が費用は安いですが受け口がよりきれいに治せるのはSSROという評判もあります。しかし、SSROは失敗のリスクが高くダウンタイムが長いとの口コミもあり悩みます

以上は、管理人のブログに寄せられたリラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けた結果に関する読者からの相談メールの一例です。(※許可を得て掲載)

始めに。。
これまでに計8回の美容整形手術を経験した管理人。
(2回は失敗→その後修正して無事に成功)

管理人はリラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。
また、リラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けようか or やめようかと迷っていた方たちの相談もたくさん受けてきました

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<yuiさん>
リラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けました。はじめは関東の顎変形症の症例数のおおい大学病院を探していたのですが、そこで自治医大の菅原康志医師を知って、さらに2chなどの口コミで大学病院よりも美容外科の方が「美しい外見を形成する」ことにフォーカスしてくれるということでリラ・クラニオを選択しました。菅原先生からは上顎骨切り術 も同時にやるセットバックの方がよりきれいに受け口を治せると提案されましたが、下顎分節骨切り術 の費用が70万なのに対してセットバックは135円と価格が高くてとても無理だったため下顎分節骨切り術だけでできるかぎりきれいにしゃくれが治るようにおねがいしました。セットバック手術失敗の口コミを読んでいたので分節骨切りは切った歯の間に隙間ができてしまうという評判はしっていたので、もしそうなってしまったときにセラミックの歯をいれなければいけないので多少費用には余裕を持って受けるべきだとおもったのです。顎の骨切りには下顎分節骨切り術だけでなくいろいろなパターンがあるのでリラ・クラニオのように信頼できる医師に相談して最適な術式を選ぶことが大切ですよ

<ミミガーさん>
セットバック整形ブログで上下顎分節骨切り術やったら顔が老けたという口コミをみました。これは矯正歯科でもいわれたことですが、上顎を5ミリ以上下げると老人性顔貌といって入れ歯をはずしたおばあさんみたいにしぼしぼの口元になってしまうリスクがあるそうです。素人判断で自分でこの手術がいいとか決断するのではなく、専門医に現状をみてもらい自分がどうなりたいかを伝えてじゃあそれに向けてどういう方法のオペが必要なのか・・と考えたほうが失敗しないと思います。下顎分節骨切り術やセットバックの2ch(5ch)でいろいろな術式の評判ありますけど、あんな口コミに振り回されているより医者に相談したほうが早いです。リラ・クラニオでの下顎分節骨切り術の症例はけっこうありますすし、受け口や顎の前突に悩んでいる方にはいいかもしれません。下顎分節骨切り術失敗も考えられるので慎重に病院を選ばなくてはいけませんが、腫れは思ったほどではなくダウンタイムはそんなに長くありませんでした

<ともさん>
鼻から唇までの距離が長く上顎も下顎も前に出ています。特に下顎が大きく前に突き出していてオトガイが長いので下顎分節骨切り術を計画中です。銀座にあるリラ・クラニオの下顎分節骨切り術をうけようとしていますが、菅原康志院長からはルフォー I+矢状分割 の方が美しく仕上がるし受け口や口元の突出がきれいになおるといわれました。どれを選んだにしろ術後の矯正は避けられないのでそれをかんがえると料金は200万近くかかる計算になります。菅原康志医師はセットバックの名医という評判もあるし、やはり先生に提示された手術をうけたいのですが、料金的に悩みます。 ブログやインスタで下顎分節骨切り術の画像のせている人の中で歯茎の凹みがかなり目立つ人もいます。わりと目に付く位置なのでやはり分節骨切りのデメリットですね。口コミでは入院はいらなくて日帰りで帰れる手術と人気ですが実際はssroの方がすぐれているでしょう

<名無しさん>
下顎分節骨切り術をやるか、歯槽骨形成にするかでまよっています。歯槽骨に厚みがある人は歯茎を削って厚みを取り除いた方がすっきりすると思います。リラ・クラニオで下顎分節骨切り術をするときに一緒にエラ削りや歯槽骨形成もできますか?右側のほうが骨に厚さがあるため右中心に削ってほしいです。口元引っ込める整形はリラ・クラニオでは宇田宏一医師が上手いと評判ですね。失敗の口コミのない経験豊富なドクターに執刀をまかせたいです

<ゆうやさん>
リラ・クラニオで下顎分節骨切り術をうけました。術前に読んでいた2ちゃんねる(5ちゃんねる)の口コミで下顎分節骨切り術を局所麻酔で受けてガリガリ骨を削ってる感覚が怖いという評判がありましたがリラ・クラニオは全身麻酔だったので手術中の恐怖はありません。下顎分節骨切り術は1時間と少しで終わったそうです。術後、麻酔が切れると鈍い痛みと痺れを感じますが我慢できないほどではありません。しばらくは前歯は使わず奥歯のほうで食事を噛むのが難しかったです。ものがかみ切れるようになったのは術後2ヶ月くらいしてからですね。腫れはダウンタイムの1週間は終わると大分引いてきます。骨切りした箇所を舌で触ると凹んでいるのがわかります。菅原康志先生はリスクも隠さず説明してくれて評判通り気のいいおじさんという感じの先生でした。モニターの写真もカウンセリングでいくつかみせてもらえました

<gakutoさん>
リラ・クラニオでの下顎分節骨切り術で下の左右8番歯を2本抜歯して骨切りしました。その後歯列矯正を半年くらいやりました。体験談では下顎が微妙に突出している人はさらに歯槽骨形成をするという口コミもありましたが私にその症状はなくそれで完成となりました。かみ合わせもいいし下顎の突出がなおったのでうれしいです。ただあごの根元はやや前にあるという印象です。ssroならこの症状も解決できると評判ですからやはり気になる人は矢状分割をやったほうがいいと思います。でもリラ・クラニオでその道の名医に手術してもらえたのでよかったです

△以上「リラ・クラニオ・下顎分節骨切り術」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容もあるが、極力原文に近い状態で掲載)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

リラ・クラニオの下顎分節骨切り術は下左右の第1小臼歯を抜歯してその根本の骨切りをおこない、前歯6本を後退させて固定することで反対咬合や受け口を治療する術式です。歯列矯正だけで反対咬合やしゃくれたあごを治すよりも短い期間で効果的に治療をすすめることができます。下顎前突に対しては歯列矯正だけで治す方法、下顎分節骨切り術、下顎矢状分割術の3つの術式が考えられます。リラ・クラニオでの術式も含め下顎分節骨切り術のメリットは手術が短時間ですむこと、身体への負担がssroより少ないこと、短期間で歯列矯正を終えられること、奥歯の歯列は変わらないので通常食への復帰が早いことなどです。デメリットやリスクとしては、骨切りした歯茎に隙間ができてしまうこと、前歯6~8本を一かたまりで適切な位置に移動させるため咬み合わせが完璧にはいかないことがあること、下顎矢状分割術ほどの移動量がなく繊細な位置移動もできないことなどがあげられます

ちなみに、管理人は美容整形をリラ・クラニオさんで8回受けたわけではありません

以上、今日のテーマは「リラ・クラニオで下顎分節骨切り術を受けた結果」でした

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •