•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


クラニオフェイシャルサージェリー

クラニオフェイシャルサージェリーとは頭蓋顎顔面外科のことでたしかリラ・クラニオフェイシャル・クリニックの名前の由来になっていたはずです。つまり、リラ・クラニオは頭蓋顎顔面専門の外科手術をしてくれる病院らしいのですが、院長の菅原康志医師は杏林大学の形成・美容外科や自治医大でも輪郭や顎の手術を行っているらしいのですが、リラ・クラニオで行っている施術メニューとなにか差があるんでしょうか?2chの口コミでは大学病院の方が安全だけど見た目をきれいにしてくれるのは美容外科という評判があるのでキレイと安全のどちらを重視すべきか迷います

以上は、管理人のブログに寄せられたクラニオフェイシャルサージェリーに関する読者からの相談メールの一例です。(※許可を得て掲載)

成功・失敗・修正を含む計8回の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その中にはクラニオフェイシャルサージェリーに関する相談も多くあります。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<BKさん>
リラ・クラニオの菅原康志医師が書いたクラニオフェイシャルサージェリーの本を読みました。思った以上に専門的な内容で自分の興味のある部分だけめくって読みましたが、顎や顔面骨のしくみについて少しだけ理解できました。私は生まれつき上顎が小さく下顎が大きい反対咬合で、かなり受け口ですし横顔は顔の中央付近が凹んでいるためとてもコンプレックスでずっと治す方法はないかネットで調べてきていきついたのがクラニオフェイシャルサージェリーでした。高須克也先生のツイッターもオステオクラニオサージェリーに触れていましたが、頭蓋顎顔面外科は日本の病院でも何件もないという口コミで、特にそれに特化した美容外科はリラ・クラニオフェイシャル・クリニックだけなのではないかと思います。サージェリーファーストで反対咬合の手術をしたいのですが保険はききませんか?ルフォー I+矢状分割 をサージェリーファーストでやるには失敗のリスクも伴いますが菅原医師の評判を信じてリラ・クラニオで整形手術を受けたいです

<みかこさん>
出っ歯で下顎が極度に小さい小顎症のような外見です。術前矯正→外科手術→術後矯正というプランを練っていましたが、トータルで4~5年かかると矯正歯科医からいわれてとても無理だと思いました。クラニオフェイシャルサージェリーについて調べていてリラ・クラニオのサイトでサージャリーファースト・アプローチをいうものを知りました。サイトでサージャリーファースト・アプローチ(SFOA)では、まずはじめに矯正ではなく手術を行い上下の顎を正しい位置にもってきて、その跡に矯正を行うそうです。なので術後すぐはかみ合わせがおかしいことになっていますが、まず早期に見た目が改善されるし、顎の位置が良好になることで咬む筋肉が正常になってくるので、術後矯正は通常の期間の半分に短縮されるのだそうです。手術から矯正完了まで1年ほどということでしたから、これなら耐えられそうにおもいます。リラクラニオは失敗の口コミもないし2ch(5ch)でも評判がいい症例も多いのでルフォー I 型骨切り術とおとがい骨切り前進術かssroを受けたいと思っています

<パンダさん>
リラ・クラニオの菅原康志院長が書いたクラニオフェイシャルサージェリーという書籍を拝読しました。ずっと顔面の歪み、顎の歪みとしゃくれがコンプレックスでしたが、原因が咬み合わせの悪さにあったことを知りました。咬み合わせってとても大切なんですね。1日に3回も食事をとるし、噛むときにかかる力ってすごいらしいですからね。そりゃあ顎も顔も歪むはずです。リラ・クラニオの菅原先生のブログや輪郭整形経験者のインスタで顔はパーツだけきれいでもいけなくてバランスが大切だということに気づきました。はじめは鼻や二重など目の整形を考えていましたが私に本当に必要なのは上顎骨切り術と下顎骨切り術、それからえら形成術(エラ削り)に頬骨形成術(頬骨切り)なんだなって。リラ・クラニオでは手術の前にセファログラムというX線写真をとって、顔の骨の現状を知って手術計画を立ててくれるそうです。クラニオフェイシャルサージェリー専門の美容外科はリラ・クラニオの他にマックスファクスやヴェリテなどの口コミ・評判もありますが大学病院の教授ということでリラ・クラニオの菅原康志院長が一番信頼できそうです

<garoさん>
リラ・クラニオはクラニオフェイシャルサージェリーの技術を応用して美容整形をしてくれるという口コミを2ちゃんねる(5ちゃんねる)などで読みました。クラニオフェイシャルサージャリーとは頭蓋顎顔面外科のことですが、通常、先天性異常症や外傷・腫瘍切除後などに頭蓋骨や顔面骨の欠損を治す治療を施す外科グループだそうです。そんな病気を治す外科で鍛錬を積んだドクターだったら顎変形症などわけなく治してくれると思いリラ・クラニオを選びました。菅原康志先生も宇田宏一医師も自治医大や杏林大学で訓練を積んだ医師ですから評判はいいようでした。受け口とガミースマイルの修正に選んだのはルフォー I+矢状分割。手術はけっこうきつくて全身麻酔から覚めたあとは気分がわるいし呼吸も苦しかったのですが翌日には自分で歩けるほどに改善しました。ダウンタイムの腫れは長引きましたが、きれいになった輪郭やeラインに満足しています。料金は高くつきましたが失敗なく終えられたのはリラ・クラニオの菅原医師らのおかげです

<たくさん>
本当は総合病院か大学病院など保険が効く病院のクラニオフェイシャルサージェリーでオペを受けたかったのですが、矯正歯科では「外科手術の必要なし」といわれるし、エラ切りや頬骨切りはどう考えても美容整形の範囲ですのでクラニオフェイシャルサージェリー出身のリラ・クラニオの菅原康志先生を選びました。あご・エラ・頬の大手術でしたけど2ちゃんねる(5ちゃんねる)にかかれていた体験談ほどきつくはなかったのでよかったです。他院のモニター写真やブログの口コミを聞いて上下顎分節骨切り術のセットバックを予定していましたが、菅原医師からルフォー I 型骨切り術とSSROが適当だという診断を受けて上下顎骨切り術をしました。リラ・クラニオの菅原先生は評判通りの名医だと思います。クラニオフェイシャルサージェリー(頭蓋顎顔面外科)で培った技術できれいにしていただけました

△以上「クラニオフェイシャルサージェリー」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容もあるが、極力原文に近い状態で掲載)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

クラニオフェイシャルサージェリーとは頭蓋顎顔面外科(ずがいがくがんめんげか、とうがいがくがんめんげか)のことです。クラニオフェイシャルサージェリーでは、頭蓋骨および顔面骨の形成、修復が行われています。総合病院・大学病院のクラニオフェイシャルサージェリー(頭蓋顎顔面外科)では、クルーゾン病、小顎症、アペール症候群などの先天性異常や、顔面裂、頭蓋骨縫合早期癒合症、第1、第2鰓弓症候群などの治療にクラニオフェイシャルサージェリー専門チームがあたります。菅原康志医師が院長を勤める銀座のリラ・クラニオフェイシャル・クリニックではクラニオフェイシャルサージェリーの技術を応用して顔のトータルバランスを考慮した輪郭や顎の美容整形が行われています

以上、今日のテーマは「クラニオフェイシャルサージェリー」でした

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •