•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けた結果

リラ・クラニオで咬合傾斜を手術で治せるという口コミを読みました。私は生まれつき顎に左右差があり、顔が右に歪んで見えます。口を閉じた状態でも真一文字にならず傾いてしまい、2ch等の不正咬合スレでさえなかなか自分と同じ症例を見つけられませんでした。ですが咬合傾斜という症状があることを知り、間違いなく自分はこれに当てはまると思います。美容外科での顎の骨切り手術は失敗事故も起こっているようですが、大学病院でもメスを取ると評判のリラ・クラニオの菅原康志医師なら安全かつ美しく私の咬合傾斜を治してくれると希望を抱いています

以上は、管理人のブログに寄せられたリラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けた結果に関する読者からの相談メールの一例です。(※許可を得て掲載)

始めに。。
これまでに計8回の美容整形手術を経験した管理人。
(2回は失敗→その後修正して無事に成功)

管理人はリラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。
また、リラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けようか or やめようかと迷っていた方たちの相談もそれなりに受けてきました

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<真理さん>
リラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けました。学生のときに歯科で交叉咬合と診断されました。交叉咬合(こうさこうごう)とは、クロスバイトのことで上下の歯を噛んだとき、上下の歯列がどこかで交叉した状態でかみ合わさっていることをいうそうです。私の場合は顎が左にずれるように噛み合わさりそのまま成長してしまったので顔が左に傾いて伸びています。この交叉咬合状態で骨や筋肉も発達してしまったためエラも左が発達しているし頬骨にも左右差があります。リラ・クラニオの咬合傾斜手術には上下顎骨切り術を行いました。口コミ通り手術直後はかなりしんどかったのですが、二日目からは自力で歩けるほどに回復しました。菅原康志先生はサージャリーファーストで行ってくれたのであと半年くらいで歯列矯正も終えられそうです。評判の先生に失敗なく咬合傾斜手術してもらえて満足です。矯正が終わったらえら形成術(エラ削り)や頬骨形成術(頬骨削り)を受けて左右対称な顔にしたいです

<ちはやさん>
リラ・クラニオで咬合傾斜手術を検討しています。交叉咬合の治療はいつかしなければとかねれから思っていました。すれ違い咬合といわれる名前の通り、斜めの状態で奥歯が噛み合っており、わらに私はそこに受け口も加わって噛み合わせも悪いけれど口の歪みや顎の歪みの見た目がとてもきになって気を病んでしまいそうになります。リラ・クラニオで咬合傾斜手術するならルフォー I 型骨切り術とssro(下顎矢状分割術)を受けることになりそうですが、2ch(5ch)ではこの手術に失敗して上顎の歯茎が黒くなってしまったといおう口コミもありますし、とても複雑なオペという評判も聞いて成功するか心配でなりません。リラ・クラニオは咬合傾斜手術の症例も多いし顎に原因のある手術は頭蓋顎顔面外科専門医に診てもらった方がうまくいくらしいので菅原康志医師か宇田宏一医師がいいと思いリラ・クラニオでの咬合傾斜手術を選びました

<ガクさん>
ガミースマイルで口がいがんでいます。交叉咬合と反対咬合の違いは反対咬合は上の歯列より下の歯列が前に来てしまっている状態ですが交叉咬合は奥歯が傾いて噛み合わさっている状態のようです。交叉咬合は顔の歪みの原因になるらしいのですが、小さい頃から咬合傾斜があると顔の骨すべてが歪んで成長してしまうので顎の歪みは顔の歪みの原因になるそうです。リラ・クラニオの咬合傾斜手術は上下顎骨切り術で治療するそうですが、顎変形症ブログでも咬合傾斜手術を受けた人のレポートはあまり多くありません。リラ・クラニオフェイシャル・クリニックは銀座にあるので遠方ですが、リラ・クラニオの菅原康志院長はサージャリーファーストで咬合傾斜手術してくれるという評判ですし、口コミのいい先生なのでこの医師しかいないと思っています。インスタなどのSNSで画像を探しても症例がないので咬合傾斜手術はあまりメジャーじゃないんでしょうね

<けんとさん>
口の歪みと顎の左右差が悩みでリラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けました。あごの歪みの原因は咬合傾斜による顎が左右差を持ったまま成長してしまったことにあるらしく、ルフォー I 型骨切り術とSSRO(下顎矢状分割術)で顎の骨を切って位置や傾き、回転を整えてかなりシンメトリーに近い輪郭になり満足しています。目の高さも左右違い気になりますが、これを治す手術(おそらくルフォー Ⅱ 型)はあまりにハイリスクなので自分程度の歪みならおすすめしないとはっきりいわれてあきらめがつきました。小顎症も少しあったのも改善されてあごなしが治りeラインが整い満足です。交叉咬合排列のせいで発音がおかしかったのも大分回復しました。料金は高かったですが、高額な費用を支払ってもやってよかった。リラ・クラニオで咬合傾斜手術をやってくれた宇田宏一医師に感謝しています。あごの整形は失敗が多いから反対する口コミや評判も見かけますがきちんとした名医に託せば安全にできますよ

<名無しさん> 
リラ・クラニオの咬合傾斜手術と斜鼻骨切りに興味があります。顔が中心から右にずれています。顎も鼻も曲がっているので真っ直ぐで左右対称に治したいです。菅原康志先生に鼻尖形成術を受けたことがありとても自然になおったのでこの先生なか輪郭の大きな手術を任せても失敗がないという気がします。2ちゃんねる(5ちゃんねる)では咬合傾斜手術を大学病院の形成外科や口腔外科でやる患者も多いと評判ですが、総合病院では見た目の美しさに配慮してもらえないのでわたしは顔のバランスを美しくしてくれるリラ・クラニオの咬合傾斜手術が受けたいです。リラ・クラニオの口コミやモニター写真があれば見たいです

<明日香さん>
リラ・クラニオフェイシャル・クリニックではサージャリーファーストであご骨切りが出来るという体験談がありましたが、私は咬合傾斜手術におとがい骨切りをサージャリーファーストでやってもらいました。上下顎骨切り術はルフォー I 型骨切り術・SSRO(下顎矢状分割術)という術式で、形成外科では保険適応で年間に何百件も行われている手術ですが、美容外科でこれができる医師は限られているようです。リラ・クラニオの菅原先生のように形成外科専門医で頭蓋顎顔面外科専門医の名医でないと失敗するリスクが高い(というか自信がある医師でないとやりたがらない)手術だそうで、リラ・クラニオでの咬合傾斜手術を見つけられた私は我ながらお目が高かったかとw手術うけてから菅原先生の口コミや評判をネットで見て輪郭の名医だって知りましたからね(笑)

△以上「リラ・クラニオ・咬合傾斜手術」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容もあるが、極力原文に近い状態で掲載)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

リラ・クラニオでは咬合傾斜の手術もおこなっています。咬合傾斜とは、顎骨の成長の左右差などが原因となり口とあごが傾いてしまっている症状です。顔を正面から見たときにくちびるが傾いてしまったり、顔が歪んでしまうため気にされる方が多いです。また、咬合傾斜の訴えとしては笑顔が歪んで見える、写真写りが非常に悪くなるので気になるという相談も多く受けます。咬合傾斜は症状により治療法も異なりますが、顎骨に原因がある場合がほとんどなので顎の骨切り手術で傾きや左右差を整えていく治療が適応になります。多くはルフォー I 型骨切り術と下顎矢状分割術(ssro)という上下顎骨切り術で上顎と下顎の位置や大きさを整えます

ちなみに、管理人は美容整形をリラ・クラニオさんで8回受けたわけではありません

以上、今日のテーマは「リラ・クラニオで咬合傾斜手術を受けた結果」でした

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •