•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リラ・クラニオで鼻尖形成術(肋軟骨)した結果

リラ・クラニオで鼻尖形成術(肋軟骨)を考えています。5年前にL型プロテーゼで隆鼻術を受けたのですが、鼻先の皮膚が薄くなり抜去手術を受けました。それ以来、鼻が低くなって鼻先の長さもなくなってしまったことがショックです。鼻尖形成術を一番長さがハッキリ出せるという肋軟骨で行い、隆鼻術も同じく肋軟骨で行いたいと計画しています。2chの口コミで肋軟骨は骨吸収されるので失敗した場合に除去できないという評判を読んだのですが、本当でしょうか?またL型プロテ挿入後の鼻尖形成術は難しいので断られることが多いらしいのですがリラ・クラニオでは手術できますか?

以上は、管理人のブログに寄せられたリラ・クラニオで鼻尖形成術(肋軟骨)した結果に関する読者からの相談メールの一例です。(※許可を得て掲載)

始めに。。
これまでに計8回の美容整形手術を経験した管理人。
(2回は失敗→その後修正して無事に成功)

管理人はリラ・クラニオで鼻尖形成術(肋軟骨)を受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。
また、リラ・クラニオで鼻尖形成術(肋軟骨)を受けようか or やめようかと迷っていた方たちの相談もたくさん受けてきました

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<ももなさん>
3年前にリラ・クラニオで隆鼻術を肋軟骨移植でやりました。鼻筋がはっきりして気に入っていますが、鼻が短いのが気になりこれも治したいとおもっています。鼻尖形成術は肋軟骨の方が硬いのでしっかり高さが出せると評判ですが、一度肋軟骨を採取してしまった私はもう一度同じ部分から骨を切り出せますか?前回は右の肋軟骨を使いましたが、今回も傷が増えてしまうのがいやなので同じく右を使いたいです。鼻尖形成術は軟骨移植すると術後に変形するリスクや骨吸収されてしまったという失敗口コミもあり心配はつきませんが、リラ・クラニオで隆鼻術に成功しているので大丈夫だと思っています。耳介軟骨移植との違いは骨が切り出せる大きさと強さよようです。また鼻中隔軟骨を採取すると痛いという評判もありリラ・クラニオでの鼻尖形成術は肋軟骨でと考えています。菅原康志医師は有名な先生ですが費用は安いので助かります

<satosiさん>
リラ・クラニオでの鼻尖形成術は肋軟骨か鼻中隔軟骨のどちらかなんですか?プロテーゼや人工骨は使わないのでしょうか?鼻先はプロテの方がダウンタイムが短いという評判を2ch(5ch)で読みました。気になっている失敗口コミがあって、軟骨移植は時間が経過すると変形したり吸収されてしまうからプロテーゼの方がいいとのこと。手術後に安定を求めるなら鼻尖形成術は肋軟骨よりプロテーゼの方がいいのでしょうか?アップノーズを下に向かせたいのですがリラ・クラニオでは鼻尖形成術は肋軟骨など軟骨移植の症例しかありませんね

<純さん>
L字プロテーゼで眉間部~鼻根部~鼻背~鼻先まで高くしようとしたのですが、皮膚の伸びがよくなくて伸ばせる限界までインプラントをいれたら組織の血流が悪くなって感染し炎症を起こしてしまいました。せっかく入れたプロテーゼを抜いて鼻がまた低くなり寂しいです。インスタで小鼻縮小した人の写真をみて、鼻翼縮小+鼻尖形成術でも理想の鼻がつくれるのではないかと思いました。ネットの口コミや経験者ブログをみてリラ・クラニオフェイシャル・クリニック銀座の菅原康志先生の評判がよかったためリラ・クラニオで鼻尖形成術を肋軟骨移植で検討しています。心配なのはアンダーバストの傷です。肋軟骨移植に失敗すると将来障害や後遺症で苦しむことはあり得るのでしょうか?

<あおいさん>
2年前にうけた鼻尖縮小術で右の鼻孔に変形がおきてしまい、鼻も上を向いてしまったので肋軟骨移植術の修正を希望しています。鼻尖縮小術のせいで左右の鼻の穴が違う大きさになってしまいヴェリテクリニックにカウンセリングへいったところ右の筋肉が強く収縮して今の症状が起きているとのことでした。ヴェリテの福田先生で修正を考えていましたが、失敗口コミもあるし有名すぎるドクターなので少々不安で、もう一つ鼻の専門クリニックとして評判のいいリラ・クラニオでの鼻尖形成術を考えています。肋軟骨移植のデメリットがあれば教えてください。鼻中隔軟骨移植の鼻尖形成術より値段が高いようですが手術が大がかりなので費用も高額なのでしょうか?リラ・クラニオの宇田宏一医師の鼻尖形成術はどうですか?腕のいい先生に失敗なくオペしてもらえるなら料金は高くてもいいと思っています

<真理さん>
現在、I型プロテーゼ+耳介軟骨で鼻尖形成しています。I型プロテがかなり古くなり時間の経過に従いプロテーゼが石灰化をおこししこりができてしまっているように思います。耳介軟骨移植での鼻先の長さにも不満がありもっと鼻筋をながく下向かせたいのですが、この場合I型プロテーゼと耳介軟骨の両方を抜去してあたらに隆鼻・鼻尖形成術をしたほうがいいのでしょうか?耳介軟骨移植は骨吸収して癒着しやすいという口コミがあり取り出せるか心配です。2ちゃんねる(5ちゃんねる)では一度鼻をいじると高さが低くなって、鼻先も太くなりやすいという評判がありました。前回の鼻尖形成の手術では術後に感染による炎症もあり鼻づまりもしやすくなりましたが、経過を追って回復しました。リラ・クラニオの鼻尖形成術(肋軟骨)の評判はどうでしょうか?菅原康志先生はあまりモニターを使わないので症例写真が確認できず残念です

<優子さん>
鼻根部から鼻先にかけて低く鼻も短いです。高く長い鼻を自然な範囲で作りたいので名医を求めて鼻整形の体験談をググっていたところ、リラ・クラニオの鼻尖形成術(肋軟骨)の口コミに出会いました。2年前○○美容外科で切らない鼻尖形成術をやりましたが鼻先は細くも長くもならず失敗でした。糸による鼻尖縮小は限界を感じます。あとに戻ることのない尖った 鼻尖部にするため評判のいいドクターを教えてください

△以上「リラ・クラニオ・鼻尖形成術(肋軟骨)」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容もあるが、極力原文に近い状態で掲載)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

リラ・クラニオの鼻尖形成術は鼻尖の長さが短いのを長くしたり、軟骨を置く位置によっては鼻先を上に向かせたり、下へのばすことができます。クローズ法では鼻孔の中から手術を行うので傷跡が表面に見えないのがメリットですが、手術野がせまく、軟骨が傾いたりずれるリスクは高まります。オープン法は鼻柱をまたいで皮膚切開をするので的確な位置に軟骨をおけることがメリットです。鼻柱にうっすらと傷跡が残ることがデメリットですが、至近距離でじっと見ないと分からない程度です。リラ・クラニオの鼻尖形成術は肋軟骨もしくは鼻中隔軟骨を使用して行われます。肋軟骨は肋骨の骨を採取して加工します。肋軟骨のメリットは鼻中隔軟骨より大きく切り出せるため鼻尖の長さや高さを希望通りに出せる可能性の高いこと、鼻中隔軟骨にくらべ強度がたかいためしっかりした形になることです。デメリットは採取の際に胸に傷が付いてしまうこと、手術に際しての身体への負担が大きいことなどがあげられます。リラ・クラニオの鼻尖形成術(肋軟骨)の料金は約60万円です

ちなみに、管理人は美容整形をリラ・クラニオさんで8回受けたわけではありません

以上、今日のテーマは「リラ・クラニオで鼻尖形成術(肋軟骨)した結果」でした

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •